TEL 03-6751-8616

携帯電話 080-7029-4230

代表ご挨拶

代表者 石川理一

平成28年夏に独立し、その秋、当会計事務所を開設いたしました。 事務所開設にあたり、関与する企業とともに成長していけるような会計事務所であろうと心に誓い、スタートを切りました。
日本経済の屋台骨を支える中小企業の経営者の良き相談役になれるように、頑張ってまいる所存です。

私は平成8年秋に公認会計士第2次試験をパスし、大手監査法人名古屋事務所に6年間勤務した後、スタ ートアップ企業の財務マネージャーとして資金調達の業務を経験いたしました。
事業計画を策定し、金融機関にアプローチした後、資金調達に成功し、調達した資金をもとに事業計画を 達成し、事業の拡大させ、その会社の社長や同僚と喜びを分かち合えた時は充実感でいっぱいでした。

その後、ベンチャー企業支援を謳っていた東京の監査法人に転職しましたが、財務マネージャーの時の経 験から、中小企業の事業拡大の支援をしたいと常々考えておりました。

経営者が事業をするにあたり、その目標は様々です。

積極的に業績を上げていつか株式公開したいという目標を持っている会社もあれば、ある程度の豊かさを もって暮らしていければ十分と考えている経営者もいらっしゃいます。
ある経営者には管理面でのノウハウを提供することが期待に応えることであり、また別の経営者にとって は節税の知識がその期待に応えることであるかもしれません。

私は様々な中小企業経営者の良き相談役でありたいと考えております。

所長プロフィール

出身地
愛知県名古屋市
学歴
名古屋市立大学 経済学部卒業
経歴
1996年10月公認会計士二次試験合格と同時に中央監査法人名古屋事務所(現あずさ監査法人名古屋 事務所)入所し、6年間勤務。
ベンチャー企業の財務マネージャーとして2年勤務後、東京北斗監査法人(現仰星監査法人)入所。
2016年6月に税理士登録し、同年9月石川理一会計事務所を開設。2017年に経営革新等支援機関と して認定される。
著書
相違点で見る会計と税務実務ポイントQ&A 日本公認会計士協会東京会編
起業家・ベンチャー企業支援の実務 日本公認会計士協会東京会編
最新「純資産の部」の会計・税務 神足勝彦・見瀬賢悟編著
(以上、すべて共著)